広く浅くいろいろ趣味がありますが、自動車(ランエボ)、自転車(MTB)ネタ等はあまり経験がなく、スキルも伴わないので半ばネタ的に分けてみました。使いこなせてない工具ネタもコチラに…

2010年04月18日

ダイソーのビット収納式ミニラチェットドライバーは便利!!

男性ってDIYだけじゃなくて工具自体が好きな人多かったりしませんか?僕もご多分にもれずその類です。そして、あー今日は工具持ってなかったな残念…って思いをするのはいやなんでドライバーとマルチツールぐらいは持ち歩きたいと思っています。ドライバーも、1本で多数のビットを内蔵したタイプが携帯しやすいために気に入っています。




ところで、ビット内蔵のドライバーって案外少ないんですよね。ホームセンターではほぼ壊滅です。有名どころではPBインサイダーってのが8本のビットを内蔵でき評価も高いのですが、価格がorzですw落としてなくしたりしたらショックかと…




そんな中で今までは、ダイソーの”差し替えラチェットドライバー12cm”で315円を使っていました。カタログスペックは最大トルク130kg/cmの強力タイプで、軸径約6.35mmのビットが6本内蔵されています。付属ビットはマイナスが5mm、6mm、プラスが#1、#2、六角が5mm、6mmとなっています。
315円ドライバー1.jpg




ところがです、最近新しい製品を見つけました。それがダイソーの”ビット収納式ミニラチェットドライバー”で315円です。カタログスペックでは最大トルク180kg/cmで、6本のビットが内蔵されています。付属ビットはマイナスが5.5mm、7mm、プラスが#0、#1、#2×2となっています。
315円ドライバー2.jpg



並べてみるとこんな感じです。今回はダイソーのドライバー対決レビューって感じでいきたいと思います。

315円ドライバー3.jpg




ビットの収納方法を比較するとこんな感じです。今まで使っていたのは全て内蔵ですが、新しいのは外側から見える状態で収納されています。

315円ドライバー4.jpg




黒い部分を回して取り出すビットを変更します。穴の真ん中で止めると持ち運び時の状態になります。どうも、この部分が壊れやすそうな印象があり、今後の様子見が必要そうです。

315円ドライバー5.jpg


使ってみた感じでは、新しく見つけた”ビット収納式ミニラチェットドライバー”のほうが良い感じです。1つ目としてビットにプラスの#0があり、ノートパソコンのメモリソケットの蓋なども開けれること、2つ目として、ドライバーの軸自体がちょっと長いので手前に障害物のある場合の使い勝手がだいぶ良さそうなことがあげられます。

315円ドライバー6.jpg




男なら工具ですっていえるようなものではなかったですね。それに、ネジは締めれても自分の頭のネジは緩みっぱなしですから…



posted by Brief187 at 00:43| Comment(0) | 工具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。