広く浅くいろいろ趣味がありますが、自動車(ランエボ)、自転車(MTB)ネタ等はあまり経験がなく、スキルも伴わないので半ばネタ的に分けてみました。使いこなせてない工具ネタもコチラに…

2010年04月25日

ダイソー VS プロ用工具(その1 15mmコンビネーションレンチ)

前回、ダイソーで15mmのコンビネーションスパナを買ったってネタをしたところ、どうも評判が悪かったようです。信頼できない?って理由のようです。ダイソー好き人間とすると悔しいのですが、ダイソー以外の製品をさわったことがないのでなんともいえないところです。そこで、今回はダイソー以外のお店で15mmを買って比べてみました。ネタにするために挑戦あるのみです。




新しい15mmは、通販のお店の中の人に評判の良いオススメの15mmを紹介してもらったものです。STAHLWILLEって会社でコンビネーションレンチって名称でした。両者とも外観は似ています。上がダイソーです。長さが多少違いますが、不思議なことに両者の重量はほとんど同じで100gから105g程度です。

15mm3.jpg


スパナ部分です、上がダイソーです。メッキは上がピカピカ風なのと違い、下のは梨地です。ど素人なのでメッキの質によるコストの違いはわかりません。肝心のスパナ部分はうんちくサイトをみると構造上の違いがあるようです。下のは微妙なカーブが面接触といって奥まで差し込めばナットを舐めにくいようです。自分では奥まで差し込めば下がぐらぐらしないって感じがする程度です。

15mm4.jpg




メガネ部分です。上がダイソーですが、この部分はSTAHLWILLEが明らかに勝ってます。角度がついてて厚みがあって使いやすいのです。というか、ダイソーのは使えないかな…

15mm5.jpg


15mm6.jpg




長さ違うのに重量がほぼ同じって理由は柄の部分の構造にもありそうです。ダイソーは膨らんでいるのに対して、もう一つはえぐれています。これで強度が保てるのであれば金属自体が違うのかと思います。

15mm7.jpg




結論とすると、両者の違いは俺でもわかります、明らかです。ただ、価格上の違いほど違うかといえば利用目的とか状況によるでしょうね。価格差は30倍以上です…たまにしか使わないサンデーメカニックならダイソーって選択肢もあるかと思います。そういえばドライバーのビットほどは違いがわかりませんでした。




あと、親切にもダイソーでは説明書がついてました。以下抜粋です。


スパナの特徴 入りにくい所や狭い所で便利です。上からや横からでも差し込めます。


メガネレンチの特徴 上からしかはめ込めませんが強く締めたい時に便利です。


まあ…わかるっちゃわかるっていうか、見ればわかるような気がしますが、初心者の立場にたった対応に好感が持てます。他のサイズは両口スパナで揃っているのでこれでとりあえず満足です。使ってて何かわかったらまたネタにします。
posted by Brief187 at 22:39| Comment(0) | 工具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。