広く浅くいろいろ趣味がありますが、自動車(ランエボ)、自転車(MTB)ネタ等はあまり経験がなく、スキルも伴わないので半ばネタ的に分けてみました。使いこなせてない工具ネタもコチラに…

2013年01月09日

パイオニア CLD-R7Gのトレイが戻らない時!

久しぶりの修理ネタです。今日は、もう10年ぐらい使っているLDプレイヤーの話です。パイオニアのCLD-R7Gという機種ですが、今回はLDのトレイが出たまま戻らなくなりました。このような場合、ビデオデッキでもそうですが、無理に押したり引いたりしても回復は見込めません。
IMG_6159.JPG



たいていは、機械の電源を落としてから天板のネジを外してがばっと中身が確認できる状態にするのが簡単です。CLD-R7Gは左右に4本、後に3本のネジがあります。このネジは磁石がきかずにマグネット付ドライバーでもぽろっと落ちるので注意が必要です。自分は、1本をラックの後ろに落としてしまいました。当分、ラックを動かすのは面倒なのでそのままです。



天板を外したのがこの写真です。LDのトレイがなぜ戻らないのかを、この状態でトレイを前後に動かしながら検証します。
IMG_6168.JPG



今回は、この写真の真ん中の部分で、トレイのパーツが本体のパーツと引っかかっていることがわかりました。これを手で上下に広げてやると戻すことはできました。しかし、本質的な解決方法はわかりませんでした。部品自体が反ってしまっているのかもわかりません。
IMG_6167.JPG



もっとも、LD自体、年に数度も見ないので、下手に修理をして壊してしまうより、天板を外して、ディスクをしまい、天板をして再生で良いのではないか?そう思ってしまいました。今さらLDプレイヤーを調達するなんて無理ですから。もっとも、LDでしか見れない作品を持っているか?と聞かれたらそんなものないのですが・・・



なお、作業をする時は電源を抜くのを忘れずに、今回の場合は、LDプレイヤーのレーザーで目を傷める可能性と、感電の恐れがあると思われます。以上、パイオニアの他の廉価版レーザーディスクプレイヤーのトレイ問題の参考になりそうなネタでした。
posted by Brief187 at 00:40| Comment(0) | 故障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。